ウォーターサーバー比較ランニングコストどのくらい?

【ウォーターサーバーのランニングコストを考えるには】ウォーターサーバーの比較では、なんと言っても最初に考えないといけないのは費用の点です。
ウォーターサーバーは美味しくて安全な水とお湯を供給してくれるで機器です。
とは言え、水やお湯だけのために多くの出費をかけたくない、と思う人は多いのではないでしょうか。
それだけにランニングコストの比較が大事になってくるのです。
ウォターサーバーにかかる費用はサーバーのレンタル料、電気代、ボトル代の3つです。
この3つのうち、レンタル料は無料のところが多いのではないでしょうか。
でもその分ボトル量が高くなっています。
つまりレンタル料を取るところはボトル代が安く、反対にレンタル料が無料のところはボトル代が高いのです。
したがってトータルでは同じようになります。
問題は電気代です。
これは平均すると月平均1000円ぐらいです。
しかし最近では、省エネタイプのものも多く出てきています。
これだと月の電気代が500円ぐらいで収まることもあります。
したがってランニングコストを安く上げるには、電気代対策が第1のポイントと言えるのではないでしょうか。
格安ウォーターサーバーは?人気で安い10台比較!【電気・レンタル代】