住宅ローン借り換え相談保証料は?

住宅ローンの借り換えは元本や利息以外に思わぬ諸費用がかかります。
まず、現在借りている銀行へ一括返済するための繰り上げ返済手数料、これから借り入れる銀行に支払う事務手数料が各3万円、登録免許税(元本の0.
1から0.
4%)、司法書士報酬(5万円から10万円)、保証料(元本の2%)、印紙代(2万円:元本1,000万円から5,000万円)などが内訳です。
この中で一番大きな割合を占めているのが「保証料」です。
3,000万円借りた場合、諸経費の合計が概ね79万円ですが、その中の保証料の金額は60万円です。
つまり、保証料がかからなければ、諸費用は19万円ですむという計算です。
最近では、新生銀行、イオン銀行をはじめ多くの銀行で保証料無料という住宅ローンが用意されていますので、それらの銀行に借り換え相談に行くのも有効な方法だと言えます。
おまとめローン審査申し込みタイミングは?【住宅ローン借換は?】